松風病院
〒799-0712
 愛媛県四国中央市
  土居町入野970番地
 TEL.
0896-74-2001
 FAX.0896-74-8166


【診療科目】

内科・精神科・神経科
 ・精神科デイ・ケア
 ・精神科訪問看護

 

◎デイサービスのぞみ

・地域密着型デイサービス

 
 

老人保健施設ちかい
〒799-0711
 愛媛県四国中央市
  土居町土居2227番地32
 TEL.
0896-75-1660
 FAX.0896-74-4003


・介護老人保健施設
 ・短期入所療養介護
 ・通所リハビリテーション
 ・訪問看護ステーション
 ・居宅介護支援事


 

0
2
6
7
4
6

病院の歴史

写真集

松風病院の歴史

(これまでのあゆみ)
~時の流れとともに、ニーズに合わせて~
 
初代院長 山内繁雄が大正13(1924)年6月現在の病院敷地内に山内医院を開設。
 
昭和31(1956)年8月山内病院に改組し、標榜科を内科・呼吸器科とし病棟を増設、その後、神経科・精神科を増科し、一般14床、精神科11床、結核24床。さらに小児科・外科を増科。
昭和41(1966)年7月医療法人に改組し、当時の病床は一般30床、精神科201床、結核12床。
その後、老人医療に力を入れ、昭和49(1974)年1月一般病床を新築、一般57床、精神科233床、結核12床。
昭和57(1982)年9月、2代院長、理事長山内育郎のもと精神科病床を新築。
平成2(1990)年10月、現院長 森野日出緒、理事長 山内紀子の体制で運営を開始。
平成7(1995)年以降、新看護基準の新設を契機に看護基準の類上げを実施。
平成11(1999)年、介護保険が創設されることになり、介護保険サービスに取り組み、平成11年11月老人保健施設ちかい(入所80床等)開設し、在宅介護支援センター(居宅介護支援事業所)、訪問看護ステーションを併設。
平成12(2000)年2月、一般病棟を改修し、療養病床に転換。
平成12月12月、療養45床、精神科216床に病床を減少し、外科の標榜を廃止。
 
平成15(2003)年12月、精神科作業療法を開始。
① 従来の精神科病院の暗いイメージを払拭し、地域に開かれた明るいイメージの施設とする。
② 個室化、病室の少人数化を実施し、癒される療養環境を整備する。
③ 敷地内に分散化している施設設備を整備、集約化して機能の効率化を図る。
④ 防災上の安全性の向上を図る。
⑤ 設備の省エネルギー化を図る。
 
前記の5項目を目的として平成16(2004)年12月~平成19(2007)年5月、医療近代化施設整備補助金事業の補助を受けて、新病棟建設・一部病棟改修工事を行った。
 
平成19年2月に『松風病院』と名称を変更。小規模通所介護デイサービスのぞみを併設。療養病床45床、精神病床204床。
 
  • 19年11月、小児科・呼吸器科廃止。
  • 21(2009)年6月、精神科デイ・ケア開設。
  • 21年12月、心神喪失者医療観察法に基づく指定通院医療機関に指定。
  • 25(2013)年5月、個室確保のため南棟改修工事を行い、南棟の病床を削減。東棟の精神療養病棟、認知症治療病棟の病床を増設し、精神病床204床を維持。
 
2次世界大戦、戦後の混乱、高度経済成長、現在の少子高齢化社会へと時代の変化に応じて、必要とされる形に変わりながら現在に至っている。